ママでOK?

ママでOK?

現役プロ・プロを目指す人のための仕事ナビ。実務の作法から求人まで惜しみなく情報提供しています。

未経験から始める在宅校正――校正の経験がなくても応募できる求人・案件を探す

  f:id:mamadeok:20160829115908g:plain 未経験者可の求人を探す


未経験者がいきなり在宅校正者になろうなんてまず無理、というのが通説ですが、校正経験ゼロだと取り引きしてくれる企業は本当にないのでしょうか。
ハロワカ?」で一社ずつ調べてみました。
翻訳校正は除いています。)

少ないですが、なくはないですね。
経験のある方はこちらをどうぞ→「ハロワカ?」)

 

  f:id:mamadeok:20160829115908g:plain 未経験者可の案件を探す


そこまで大げさなことはまだ考えていない、「ちょっと1回やってみたい」くらいの軽い願望なら、クラウドソーシングが叶えてくれるかもしれません。
時々「経験不問」の単発案件を見かけます。

 (「ランサーズ」「クラウドワークス」あたりをご覧ください。自分で探すのが面倒な方は、「ハロワカ?」でどうぞ。)

 

「在宅で仕事ができるなら、別に校正でなくてもかまわない」というこだわりのない方は、以下からどうぞ。

 

  f:id:mamadeok:20160829115908g:plain 未経験者でも取引してくれるかもしれない企業を探す


未経験者OKとは謳っていなくても、「経験者歓迎・優遇」と記載してある企業なら、やる気やポテンシャル、売り込み方しだいで受け入れてもらえる可能性はあると思います。
以下、ほとんど学参系ですがご参考までに。

 

  f:id:mamadeok:20160829115908g:plain 応募する前に知っておきたい注意点

 

拙記事ですが、先に読んでおかれることをお勧めします。

 

〔おまけ〕
国語教材校正のサポートとしてお役立てください。
見落としをしない! させない! 国語教材「形式チェック」徹底マニュアル
全くの未経験の方でも、こちらを参考にしながら校正すれば、初めからかなり精度の高い作業ができるはずです。
初回の仕事振りが、採否や以降の依頼量に大きく影響しますので、売り込みをかける前に、教科書準拠ワークを購入し(中古で十分です)、このマニュアルを用いて校正のレッスンをしておくのもよいでしょう。

Twitter的なあれだけを読めるようにしました

未だにnoteとやらの仕様がよくわかっておりません。
ノート(記事)もトーク(つぶやき)も一緒くたに表示されてしまうんですね。

記事が少ないときは気になりませんでしたが、
この間のマガジンで一気にアップしたら、混沌としてしまったので、
トークだけを読めるようにしました。

Twitter的なあれ→トーク

近い将来、トレーニングを兼ねた校正例題をアップする予定です。
それに関して、トークでつぶやくかもしれません。
興味がある方はどうぞ。

無料マガジン「国語教材校正の超基礎」

校正講座受講生の方にのみ公開していた記事をブラッシュアップし、
noteのマガジン機能を使ってまとめてみました。
全記事無料です。

ほとんどの記事に校正の注意点を書き添えていますので、
用語の意味をご存じの場合も、とりあえず一読されることをお勧めします。

誤謬等の不備を発見されましたらお知らせください。

 国語教材校正の超基礎

  • 「朱入れ」と「鉛筆書き」の区別
  • 「ゲラ」とは
  • 「トンボ」「版面」とは
  • 級数」「歯送り」とは
  • 「トジヒラキ」とは
  • 「突き合わせ」とは
  • 素読み」とは
  • 「対字ルビ」「均等ルビ」「字間ルビ」とは
  • 「…」「―」の呼び方・使われ方
  • 「わーい」の「ー」の呼び方
  • 「泣き別れ」とは
  • 「ノンブル」とは
  • 「傍点」とは
  • 「平体」「長体」とは
  • 正字」とは
  • 「K」とは
  • 「ℓ」とは
  • 「プレ印字」とは
  • 「並字」とは
  • 分かち書き」とは
  • 「柱」とは
  • 「〓」の呼び方・使われ方
  • 「イキシニ」とは
  • 「教育漢字」とは
  • 「表外音訓」とは
  • 大問>小問>「ここの問い」の呼び方
  • 教科書の版元一覧
  • 「教科書別配当漢字」とは


この内容で物足りなくなったら、
弊ブログの「マニュアル・指南」「赤字の入れ方・校正用語」「国語の基礎知識」をご利用ください。

実力がついてきた折には、
弊ブログの【プロ向け】記事、noteの「文章校正の例題〔求人広告編〕」で腕試しされるとよいでしょう。
各例題の9割以上正解できるようになるのが理想です。