ママでOK?

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ママでOK?

現役プロ・プロを目指す人のための仕事ナビ。実務の作法から求人まで惜しみなく情報提供しています。

校長先生から、タテ組の皆さんに大切なお話があります。

タテ組の皆さん、今日は残念なお話をしなければなりません。
先生は今、悲しい気持ちでいます。

校正練習帳〈1〉校正記号を使ってみよう タテ組編

皆さんはこれまで、赤字の入れ方を学んできましたね。
しっかり勉強していれば、こんな書き方はしなかったはずです。
見てごらんなさい。
こんな風に書いたら、
1行めの「でも」の後の「、」が「。」に修正されてしまうかもしれません。
5行めが「覚えるらことで」と組まれてきたらどうしますか。
笑いごとじゃありません。実際によくあることです。
そうしたら、次の校で、また赤字を入れなければならないんですよ。
その分、時間も手間もお金もかかってしまうんです。

想像してみてください。
間違えないようにするために、
赤字照合をする人や組版をする人が、いったいどれだけ目を凝らしているか。
ただでさえ細かい作業なのに、余計に疲れると思いませんか。
どうか他人の苦労を自分の苦労として感じられる、
思いやりのある人間になってください。
みんなやればできる子だと、先生は信じています。


ヨコ組は、割とよくやっているようです。

校正練習帳〈2〉校正記号を使ってみよう ヨコ組編

タテ組の皆さんもヨコ組を見習って、
きちんとした赤字が入れられるよう、もっと努力しましょう!